フルキス
この学園に入れば恋人ができるんじゃないかと淡い期待を抱いていた一年前。
けれど、去年は見事に当てが外れた。

「あのね、好きになっても……いい?」

その声はただの妄想だ。
でも、今年こそはそんな出来事があってくれてもいいよなとつぶやきつつ、俺は桜吹雪の校門をくぐった。
eg_0008jp-001
eg_0008jp-002
eg_0008jp-003
eg_0008jp-004
フルキス